謎解き

【意味わからん】ソーシャルディスタンス謎解き?

は じ め に

 こんばんは。ライターのネオンです。

 2020年ももうそろそろ終わりですね。今年も色々衝撃的な出来事が起こったと思います。
 特に、新型コロナウイルスの世界的大流行は、感染症の恐ろしさだったり、人間社会の脆さだったりが浮き彫りになり、私たちに多大な影響を与えたと思います。(まだ終わってはいませんが)

 まず、生活様式。感染経路予防のため、人とは距離を保ち、外出するときはマスクを使うのが当たり前になりました。


 そして、世界が抱えている社会問題。今まであまり実感出来なかった 経や、国と国の間の  を、ニュースを通して可視化出来た人もいるのではないでしょうか。


 また、感染症に関連した言葉が頻繁に使われるようになったのも、大きな変化だと思います。
 「3密」は新語・流行語大賞で年間大賞に選ばれましたし、他にも感染症に関する様々な言葉がノミネートされました。

 

 ソ ー シ ャ ル デ ィ ス タ ン ス も、そのうちの一つです。

 

そもそもソーシャルディスタンスって?

 簡単に言い表すと『人と距離を置くこと』でしょうか。

 英語では ”social distancing” と言われており、そのまま日本語に訳すと「社会的に距離を置くこと」という意味になります。

 元々は、『意図的に他人と社会的な距離を置く態度』のことだったそうで、少し差別的な意味も含んでいました。
 今私たちが使っている『感染を防ぐために他人と距離を置くこと』とは少しニュアンスが違いますね。

 なので、社会的というよりは、物理的な接触を控えるという意味を込めて、代わりに “physical (物理的な)distancing” を使う場合もあるそうです。

 ……さて、前置きがかなり長くなりましたが、今回はソーシャルディスタンスっぽい(?)謎解きを作りました。

 もう記事のおまけ的な位置になってしまっていますが、ぜひ正解を狙って頑張ってください!
 解説は解答後に出る「解説を見る」ボタンから見ることができます。

それでは謎解きスタート!

現在のランキングはこちら↓

Leaderboard: ソーシャルディスタンス謎

最高 1
順位 名前 解答日 得点 結果
Table is loading
No data available

参考:

The Guardian:
Oxford dictionary revised to record linguistic impact of Covid-19

TIME:
The Surprisingly Deep—and Often Troubling—History of ‘Social Distancing’

スポンサードリンク

ABOUT ME
_AtomicNeoN_
性格はアルゴンとキセノン寄りのネオンです。 趣味は将棋、読書、謎解き、パズルなど、色々あります。 よろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。