謎解き

あみだくじパズル!

はじめに

yuzu
yuzu
遅めのあけましておめでとうございます。

こんにちは!yuzuです!
2021年が始まって少し経ちましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今年はコロナの影響で初詣に行けなかった人も多いと思います。
私は初詣に行ったらくじを引くのですが、今年はそんなこともできず・・・。

その代わりと言ってはなんですが、「あみだくじパズル」を作りました。

みなさんあみだくじはご存知ですよね?
あの横棒で移動しながら下に行くやつです(語彙力)。

あみだくじは元々、各自が引き当てた金額を出して、集めた金買った茶菓子などを平等に分配するためのものでした。
すなわち、大きい金額を引く方が嫌だったんですね。

あみだくじは漢字で「阿弥陀籤」
「阿弥陀」という言葉が使われているのは、元は阿弥陀様の後光のような形のくじだったからだそうです。
放射状に伸びる面白い形だったんですね。

また、一般的なあみだくじはゴールが同じところにはなりません。
これは考えれば当たり前のことで、
ゴールが同じところになるとすると、たどり着けないゴールも出てきます。
そのゴールから逆走した時に、スタートにたどり着けないということが起きて矛盾が起きてしまいます。

厳密には数学的機能法などで証明したりするのですが、今回は割愛します。

と、あみだくじの雑学はこれくらいにして・・・

今日のあみだくじパズルは少し頭を使うかも?
頑張って挑戦してみてください!

ルール

あみだくじに関する問題!
干支が絡むよ!
頭を結構使うので頑張って!

クイズスタート

現在のランキングはこちら↓

リーダーボード: あみだくじパズル

maximum of 1 points
位置。 名前 入力 ポイント 結果
表を読み込み中
データなし

スポンサードリンク

ABOUT ME
yuzu
こんにちは、yuzuです! クイズ、ボードゲーム、プログラミングが趣味です! 皆さんの知的好奇心をかき立てるような記事を書けるよう頑張ります! 知的活動のためのサイト「Qyuzu」も運営しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。